インクジェットのステッカーの魅力

DIYや雑貨作りなど、自分だけのオリジナルグッズの自作が人気です。自分でも何か作ってみたいけど、不器用だし、道具を揃えるのが大変そう。そんな方におすすめなのが、自宅にあるインクジェットプリンターで作れるオリジナルステッカー作成です。最近のステッカーを印刷するラベルは、耐水性、光耐性も高く、高粘着、丈夫なものが多いのです。印刷して切り抜いて、無地のマグカップやスマートフォン、ペット用のお皿や子どもの持ち物に貼るだけでオリジナルグッズを簡単に作ることができるのです。でも素材として使うデザインの作り方が分からない。そんなときは、ネットの画像加工できるサービスを利用すれば簡単です。使いたいペットや子どもの写真をサイトにアップロードして、文字を入れたり、フレームを付けたり。お洒落な画像を短時間で仕上げることができるのです。自分好みのオリジナルデザインを自由自在に作れるのが魅力です。

もの作りにハマる人急増、ステッカーなら簡単です

作成のための道具は、インクジェットプリンター、印刷するラベルシート、シートを切り抜くための切れ味の良いカッターやハサミ、切り抜くとき台にするマットだけ。自宅にあるもので、十分代用できる気楽さも魅力です。印刷するラベルシートの種類の多さも魅力。用途によって、様々なタイプから選ぶことができます。綺麗に切り抜く自信が無いなら透明のラベルシートを選べば、多少、大雑把に切り抜いても目立たないので安心です。丸いものに貼り付けたいなら曲面に貼りやすい柔らかいラベルシートもあります。派手な仕上がりにしたいなら、キラキラ光るホログラムタイプのラベルも。1枚のデザイン画像を、印刷するラベルシートを変えることで異なったイメージに仕上げることができるのも、自宅のプリンターならではの楽しさです。

自宅のインクジェットプリンターだから、好きなときに好きなだけ

印刷するラベルシートは、品質が良いものほど価格が高くなってしまいます。できるだけお得に沢山、いろいろなタイプを作成しましょう。コツはデザインした画像を、印刷するA4サイズのラベルシートにめいっぱい詰め込むこと。プリントアウトで切れないように気をつけて、試し刷りして位置を確認しながら印刷用データに配置します。データのサイズを変更して、大、中、小サイズを作成すれば、それぞれサイズが異なるアイテムに貼り付けることができるのです。プリントアウトできたら、気泡が入らないように注意して保護用のフィルムを貼り付け、切り抜けば完成です。好きなものに貼り付ければ簡単にオリジナルグッズが完成です。自宅のインクジェットプリンターでのステッカー製作は、好きなときに好きなだけ作れること。作り込みたいなら凝ったデザインや切り抜きに、とことん拘れるのです。素材や道具にかかる経費がかさんでしまいますが、もの作りの楽しさを気軽に楽しむことができるのが魅力でしょう。